美容整形で輪郭矯正の施術を受けた感想

エラが気になっていたが負担が大きい小顔治療は諦めていた

美容整形 輪郭こちら : 小顔・輪郭整形

エラが気になっていたが負担が大きい小顔治療は諦めていた : 美容外科のボトックス注射でスマートな輪郭に : ボトックス注射はダウンタイムの症状が少ないので安心

私の顔は元々顔の大きさはそこまで大きすぎるということは無いのですが、刃を噛み締めた時に顔のエラの部分がぷくっと膨らむ特徴を持っていて、咀嚼筋が発達しすぎていることで顔が大きく見えてしまうことにコンプレックスを感じていました。
夜間の歯ぎしりなどが原因で咀嚼筋が発達しすぎてしまっていたので、マウスピースなどを利用して気をつけていたのですが、既に発達してしまった筋肉は元に戻すことができずに悩んでいました。
美容整形外科で受ける小顔治療は、主にエラ削りや胸骨削りといった骨切り術を受けるイメージがあったので、体に負担が大きい治療を受けるのはリスクも高いですし、仕事をしている以上治療を受けたことが周りにバレてしまう状態は出来るだけ避けたかったので、小顔治療自体を諦めていました。

美容整形に携わった仕事をしていると、整形もありかなっていう考えになる。


コンプレックスが解消されて、その人が明るくなれるならいいのかなって♪

二重埋没法とか切らなくて手軽だし、すごい変わるよ✨

あと、エラボトックスも輪郭めっちゃ変わる!

まぁ、私は怖くてできない派だが笑

— ありな@魔族支援部の人 (@arina_islanegro) 2019年5月18日
そんな時に友人から勧められたのが美容整形外科で受けることが出来るボトックス注射の治療です。
美容注射というとヒアルロン酸などの美容成分を注入して顔全体にハリや弾力を取り戻すといったお手入れをイメージしていましたが、ボトックス治療はボツリヌス菌から抽出された成分が神経筋接合部に注入することで、筋肉収縮を抑える効果を与えることが出来るので、発達しているエラの張っている部分の筋肉を収縮させることが出来ると知りました。